総合物流情報誌『海運』 2020年4月号に掲載されました

総合物流情報誌『海運』 2020年4月号に、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 浦環(うら・たまき)副理事長のインタビュー記事が掲載されました。
詳細は下記、KAIUN海運 公式サイトの情報をご覧ください。

インタビュー
(ビーチクリーンロボット)
“ロボットづくり”の考え方は自動運航船に応用できる
●一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 副理事長
 東京大学 名誉教授 浦 環 氏

http://www.jseinc.org/kaiun/?fbclid=IwAR0vOXrPSTtPQe6iuPaD7n03gLZ_0v6Gu9yeniCN2QoVZGpI8F3fWHCxCYw

※中止決定[子供向けイベント告知]玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」~海から流れ寄るモノで漂流物アートをつくろう~

※2020年3月5日(木)にイベント全体を「中止」と決定しました。

※重要なお知らせ※
3月15日(日)に予定していましたイベント『玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」』は新型コロナウイルス感染症対策のため中止を決定いたしました。

3月14日(土)の日帰りイベントは開催予定でしたが、こちらも中止を決定いたしました。

3月14日(土)午後1時より「玄海の家」海岸清掃「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」は開催予定です。参加予定の皆様は、引き続き当ページ、Facebookページの情報をご確認ください。
BC-ROBOP海岸工学会のFacebookページ
https://www.facebook.com/BCROBOP/

(2月26日更新)
 ※3月5日に中止を決定しました。

※宿泊参加は定員に達したため募集を締め切りました。日帰り参加はご応募いただけます。お問い合わせください。(2月7日) ※3月5日に中止を決定しました。

福岡県宗像市の海沿いにある「玄海の家」で「ビーチクリーンロボット」と海岸清掃、そして漂流物アートをつくるイベントです。

このイベントの開催地「さつき松原海岸」で以前実施したビーチクリーン活動の様子です。
studentmember
これが「ビーチクリーンロボット」です!かわいくて頼もしい!重たいゴミを運んでくれます。
後ろの青いカゴに、みんなが拾ったゴミを載せて、運びます。
子供も大人もビーチクリーンロボットも…みんなで宗像の海をきれいにしましょう!

[イベント名]
玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」~海から流れ寄るモノで漂流物アートをつくろう~

[開催日と場所]
2020年3月14日(土) 福岡県立少年自然の家「玄海の家」
2020年3月15日(日) 大島かんす海水浴場(別途希望者 沖津宮遥拝所)

[子供向けイベント告知]玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」~海から流れ寄るモノで漂流物アートをつくろう~ ※3月5日に中止を決定しました。

(お知らせ)宿泊参加は応募者多数のため締め切りました。1日参加・日帰り参加、2日目現地集合は受付中です。 ※3月5日に中止を決定しました。

福岡県宗像市の海沿いにある「玄海の家」で「ビーチクリーンロボット」と海岸清掃、そして漂流物アートをつくるイベントです。 ※3月5日に中止を決定しました。

このイベントの開催地「さつき松原海岸」で以前実施したビーチクリーン活動の様子です。
studentmember
これが「ビーチクリーンロボット」です!かわいくて頼もしい!重たいゴミを運んでくれます。
後ろの青いカゴに、みんなが拾ったゴミを載せて、運びます。
子供も大人もビーチクリーンロボットも…みんなで宗像の海をきれいにしましょう!

[イベント名]
玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」~海から流れ寄るモノで漂流物アートをつくろう~
 ※3月5日に中止を決定しました。

[イベント内容]
-海岸漂着物観察…砂浜の貝殻や木の実、プラスチック片などをみんなで拾って観察します。講師の解説もあります。
-漂流物アートづくり…「海藻おしば」を作りながら、これは何?とじっくり観察する。
-ロボット教室…九州工業大学・社会ロボット具現化センターと宗像のロボット会社「テムザック」による最新の「ロボット教室」も開催します。
 ※3月5日に中止を決定しました。

[開催日と場所]
2020年3月14日(土) 福岡県立少年自然の家「玄海の家」
2020年3月15日(日) 大島かんす海水浴場(別途希望者 沖津宮遥拝所)

※3月5日に中止を決定しました。

[講師]

九州大学大学院工学研究院環境社会部門 清野聡子准教授
九州大学学生
九州工業大学学生

宗像市地域おこし協力隊「宗像のあまちゃん」

[支援]
NPO法人 live together
宗像の環境を考える会など 市民ボランティア

[イベントの目的]
子供たちがロボットと海岸清掃して一緒に遊び、ロボット科学に興味をもって親子で自然のすばらしさ、海の有難さを改めて認識します。
海岸の漂着物を収集し環境問題についても考える機会を作ります。

海岸のゴミを拾って「漂流物アート」をつくろう

<早春を迎えて海の自然を楽しみ、物を大切にする心を育もう>
海浜清掃で回収したゴミを使って、作品を制作する。
貝殻、木の実、流木、元は役に立っていた物を拾って、漂流物アートを作りましょう。
物を大切にする心や、リサイクルは「再生」につながります。ごみもアートに生まれ変わるのです。
九州大学大学院工学研究院環境社会部門 清野聡子准教授と宗像市地域おこし協力隊「宗像のあまちゃん」を講師に迎えて『海藻おしば体験教室』も開催します。
この活動は、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群守り伝える活動に認定されています。

福岡県立少年少年自然の家「玄海の家」

福岡県立少年自然の家「玄海の家」は、福岡県宗像市の海岸沿いに位置する社会教育施設です。青々と広がる玄界灘と、美しく連なる「さつき松原」の大自然の中で、自然体験活動や集団宿泊活動など、普段の学校や家庭生活では得難い体験活動を通して、豊かな人間性を持ち、たくましく生きる子供の成長を支援する施設です。

このイベントで目指していること

– 海岸漂着物 貝殻や木の実、プラスチック片などを簡単に解説
– 砂浜に行って拾う。砂浜で少し観察する。
– 漂流物アートを作りながら、これは何?とじっくり観察する。
-「玄海の家」にある貝殻標本教材などをしっかり活用して学ぶ

イベントのプログラム(予定) ※3月5日(木)に中止を決定しました。


3/14日(土)※2月26日(水)に中止を決定しました。
13:00 参加子供達現地集合 ロボット現地に到着 
14:00 開会式 ビーチクリーン、漂流物アート,海藻おしば教室を開催
   (別途 ロボットと一緒にビーチクリーンとロボット教室開催) 
17:00 終了後 バーベキュー食事交流会
18:30 希望者宿泊


3/15日(日)※3月5日(木)に中止を決定しました。
08:45 参加子供達神湊港集合(神湊発 第2便「おおしま」9時25分)
   (直行可)
10:30 ビーチクリーン活動説明とロボット説明
10:50 ゴミ拾い開始 ロボットにゴミ入れて運搬する
11:30 ロボットをリモコン操作して遊ぶ
12:00 終了後 バーベキュー食事交流会
13:00 漂流ゴミ 海辺の環境教育纏めを行う(感想とアンケート)     
14:00 修了式 解散(大島発 第5便「しおかぜ」14時40分)

※3月15日(日)のイベントについては中止します。(2月26日情報更新)
※3月14日(土)のイベントについても中止を決定しました。(3月5日情報更新)


定員

宿泊希望20名(対象者:幼児、小・中学生・親子参加可能)日帰り参加各50名位  

※宿泊参加は定員に達したため募集を締め切りました。日帰り参加はご応募いただけます。お問い合わせください。※3月5日(木)に中止を決定しました。

申し込み・お問い合わせ

メールおよびFAXにて下記の事務局に2月15日(土)までにお申込みください。
定員になり次第締め切らせていただきます。

メール: bc-robop@kaz.bbiq.jp FAX: 0940-32-8566


[記載要項]
– 参加する小学生の氏名(ふりがな)・性別・年齢・生年月日・学年・学校名
– 保護者氏名・電話番号・郵便番号・住所 メールアドレス

宿泊希望 あり(子ども XX名 大人 XX名)・なし

※宿泊参加は定員に達したため募集を締め切りました。日帰り参加はご応募いただけます。お問い合わせください。※3月5日(木)に中止を決定しました。

主催者について

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会事務局 
〒811-3437 福岡県宗像市久原180
宗像メイトム スモールオフィス内 
担当者: 吉冨 容 (よしとみ・いるる)
電話: 080-6455-3014 FAX: 0940-32-8566
メール: bc-robop@kaz.bbiq.jp

Nikkei Asian Reviewに掲載されました-2020年1月6日

(2020年1月6日掲載)
一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の取り組みについての記事が、Nikkei Asian Reviewに掲載されました。

“Garbage from other Asian countries piles up on sacred island’s shores” …アジアの他の国からの海ゴミが神聖なる島の海岸に堆積している…との見出しがつけられています。

この地域の海ゴミ問題への関心が国際的に高まることを願いながら、今後も活動を続けます。

Japan deploys robots to tackle beaches strewn with plastic waste/Nikkei Asian Review
https://asia.nikkei.com/Spotlight/Environment/Japan-deploys-robots-to-tackle-beaches-strewn-with-plastic-waste
全文を読むためには登録が必要です。

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の英語名称は “The Institute of BC-ROBOP Coastal Engineering” としています。

2020年のお正月-宗像大社 沖津宮遙拝所参拝 そして海ゴミ

2020年になりました。一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会ホームページをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。今年もより良い一年となるよう祈念申し上げます。

新年を迎え、宗像大社 沖津宮遙拝所 を参拝しました。

沖ノ島は島そのものがご神体であり、信仰の対象であるため、一般の立ち入りは禁止されています。その、渡島できない沖ノ島を遥か遠くから拝めるよう、大島の北側の海辺に設けられたのが、「沖津宮遙拝所」です。

気象条件のよい日には、水平線上に沖ノ島の姿を見ることができます。

参拝の後、海岸まで降り、海ゴミの様子を見に行きました。

一見美しい海岸ですが、近寄ってみると、無数の漂着ゴミが打ち上げられ、そのままになっているのがわかりました。

片づけても、片づけても、押し寄せる海ゴミですが、地域、人の手で片づけて、続けていかなければなりません。海岸清掃活動の負担を減らせるような仕組みづくり、清掃活動を助けるようなビーチクリーンロボット、ドローンの開発を、今年も進めていきたいと、改めて決意しました。

2019国際ロボット展-2019年12月18日(水)~21日(土)

2019年12月18日(水)~ 12月21日(土)東京ビッグサイトで開催された「2019国際ロボット展」において、「北九州ロボットフォーラム/北九州産業学術推進機構」ブース内に、ビーチクリーンロボットの開発を担当している「九州工業大学社会ロボット具現化センター」が出展を行いました。

2019国際ロボット展
https://www.nikkan.co.jp/brand/irex/2019/

海岸清掃に助っ人ロボ!? 宗像市大島、九工大などが実証実験 /西日本新聞-2019年10月17日掲載

「海岸清掃に助っ人ロボ!? 宗像市大島、九工大などが実証実験」という見出しで、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会が9月に行った宗像市大島の沖津宮遥拝所でのビーチクリーン活動についての記事が、2019年10月17日の西日本新聞に掲載されました。

リンク先の記事ページでは動画も公開されています。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/551728/

[イベントのお知らせ]北斗の水汲み海浜公園ビーチクリーン-2019年11月18日(月)

[日時] 2019年11月18日月曜日 14:00
[場所] 北斗の水汲み海浜公園ビーチクリーン
福岡県宗像市神湊1278-1

‪2019年11月18日(月)14:00より、‬宗像市にある「北斗の水くみ海浜公園」にて NPO法人LiveTogether、いであ株式会社、宗像の環境を考える会と共に、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会がビーチクリーン活動を行います。

このビーチクリーンには「海ごみ」の専門家である清野聡子 代表理事、「深海ロボット」の第一人者として活躍する浦環 副理事長も参加します。

今回の取り組みは『海ごみゼロウィーク』の活動のひとつとして開催します。今回は月曜日の実施となりますが、ご都合のよろしい方はぜひご参加ください。

世界一行きたい科学広場inふくおか 2019に出展-2019年10月19日(土)・20日(日)

2019年10月19日(土)・10月20日(日)に福岡市科学館で開催されたイベント「世界一行きたい科学広場」に九州大学大学院工学研究院 附属環境工学研究教育センターが出展し、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 清野聡子 代表理事が来場者と共に「海ごみ問題」について語り合いました。

漂着ボトル調査をもとにしたごみの漂流経路についての解説、 海ごみロボットや運搬ドローンの実験についてのスライドやパネル展示を行い、「海ごみ問題を福岡から解決しよう!」と呼びかけました。

大島沖津宮遥拝所海岸実験-2019年10月

一般2019年10月、社団法人BC-ROBOP海岸工学会は、世界遺産に認定されている福岡県宗像市・大島遥拝所の海岸において、漂着ごみ除去の実証実験を行いました。当日は当会が開発しているビーチクリーンロボットを実際の海岸環境の中で運用する実験を行い、建設環境コンサルタント企業「いであ」(本社・東京)が開発した災害調査用ドローンによるごみの運搬実験も行われました。

実証実験の様子は西日本新聞に記事として大きく取り上げていただきました。
【動画あり】海岸清掃に助っ人ロボ!? 宗像市大島、九工大などが実証実験

また、NHK総合の番組でも取り上げていただきました。

NHK総合テレビ『実感ドドド!』 九州沖縄地方で放送
10月4日(金)午後7時30分~ 午後7時56分 
『実感ドドド! 世界遺産・宗像がピンチ!九州の海は誰が守る』
【出演】九州大学 清野聡子,【出演】鐘崎あまちゃん 本田藍
https://www4.nhk.or.jp/P3941/

再放送が行われることになりました!
NHK総合 10月24日(木) 午後3:08~3:33
NHK BS1 11月1日(金) 午前0:00~0:25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA