Nikkei Asian Reviewに掲載されました-2020年1月6日

(2020年1月6日掲載)
一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の取り組みについての記事が、Nikkei Asian Reviewに掲載されました。

“Garbage from other Asian countries piles up on sacred island’s shores” …アジアの他の国からの海ゴミが神聖なる島の海岸に堆積している…との見出しがつけられています。

この地域の海ゴミ問題への関心が国際的に高まることを願いながら、今後も活動を続けます。

Japan deploys robots to tackle beaches strewn with plastic waste/Nikkei Asian Review
https://asia.nikkei.com/Spotlight/Environment/Japan-deploys-robots-to-tackle-beaches-strewn-with-plastic-waste
全文を読むためには登録が必要です。

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の英語名称は “The Institute of BC-ROBOP Coastal Engineering” としています。

2020年のお正月-宗像大社 沖津宮遙拝所参拝 そして海ゴミ

2020年になりました。一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会ホームページをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。今年もより良い一年となるよう祈念申し上げます。

新年を迎え、宗像大社 沖津宮遙拝所 を参拝しました。

沖ノ島は島そのものがご神体であり、信仰の対象であるため、一般の立ち入りは禁止されています。その、渡島できない沖ノ島を遥か遠くから拝めるよう、大島の北側の海辺に設けられたのが、「沖津宮遙拝所」です。

気象条件のよい日には、水平線上に沖ノ島の姿を見ることができます。

参拝の後、海岸まで降り、海ゴミの様子を見に行きました。

一見美しい海岸ですが、近寄ってみると、無数の漂着ゴミが打ち上げられ、そのままになっているのがわかりました。

片づけても、片づけても、押し寄せる海ゴミですが、地域、人の手で片づけて、続けていかなければなりません。海岸清掃活動の負担を減らせるような仕組みづくり、清掃活動を助けるようなビーチクリーンロボット、ドローンの開発を、今年も進めていきたいと、改めて決意しました。

2019国際ロボット展-2019年12月18日(水)~21日(土)

2019年12月18日(水)~ 12月21日(土)東京ビッグサイトで開催された「2019国際ロボット展」において、「北九州ロボットフォーラム/北九州産業学術推進機構」ブース内に、ビーチクリーンロボットの開発を担当している「九州工業大学社会ロボット具現化センター」が出展を行いました。

2019国際ロボット展
https://www.nikkan.co.jp/brand/irex/2019/

海岸清掃に助っ人ロボ!? 宗像市大島、九工大などが実証実験 /西日本新聞-2019年10月17日掲載

「海岸清掃に助っ人ロボ!? 宗像市大島、九工大などが実証実験」という見出しで、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会が9月に行った宗像市大島の沖津宮遥拝所でのビーチクリーン活動についての記事が、2019年10月17日の西日本新聞に掲載されました。

リンク先の記事ページでは動画も公開されています。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/551728/

[イベントのお知らせ]北斗の水汲み海浜公園ビーチクリーン-2019年11月18日(月)

[日時] 2019年11月18日月曜日 14:00
[場所] 北斗の水汲み海浜公園ビーチクリーン
福岡県宗像市神湊1278-1

‪2019年11月18日(月)14:00より、‬宗像市にある「北斗の水くみ海浜公園」にて NPO法人LiveTogether、いであ株式会社、宗像の環境を考える会と共に、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会がビーチクリーン活動を行います。

このビーチクリーンには「海ごみ」の専門家である清野聡子 代表理事、「深海ロボット」の第一人者として活躍する浦環 副理事長も参加します。

今回の取り組みは『海ごみゼロウィーク』の活動のひとつとして開催します。今回は月曜日の実施となりますが、ご都合のよろしい方はぜひご参加ください。

世界一行きたい科学広場inふくおか 2019に出展-2019年10月19日(土)・20日(日)

2019年10月19日(土)・10月20日(日)に福岡市科学館で開催されたイベント「世界一行きたい科学広場」に九州大学大学院工学研究院 附属環境工学研究教育センターが出展し、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 清野聡子 代表理事が来場者と共に「海ごみ問題」について語り合いました。

漂着ボトル調査をもとにしたごみの漂流経路についての解説、 海ごみロボットや運搬ドローンの実験についてのスライドやパネル展示を行い、「海ごみ問題を福岡から解決しよう!」と呼びかけました。

大島沖津宮遥拝所海岸実験-2019年10月

一般2019年10月、社団法人BC-ROBOP海岸工学会は、世界遺産に認定されている福岡県宗像市・大島遥拝所の海岸において、漂着ごみ除去の実証実験を行いました。当日は当会が開発しているビーチクリーンロボットを実際の海岸環境の中で運用する実験を行い、建設環境コンサルタント企業「いであ」(本社・東京)が開発した災害調査用ドローンによるごみの運搬実験も行われました。

実証実験の様子は西日本新聞に記事として大きく取り上げていただきました。
【動画あり】海岸清掃に助っ人ロボ!? 宗像市大島、九工大などが実証実験

また、NHK総合の番組でも取り上げていただきました。

NHK総合テレビ『実感ドドド!』 九州沖縄地方で放送
10月4日(金)午後7時30分~ 午後7時56分 
『実感ドドド! 世界遺産・宗像がピンチ!九州の海は誰が守る』
【出演】九州大学 清野聡子,【出演】鐘崎あまちゃん 本田藍
https://www4.nhk.or.jp/P3941/

再放送が行われることになりました!
NHK総合 10月24日(木) 午後3:08~3:33
NHK BS1 11月1日(金) 午前0:00~0:25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北九州市・岩屋海岸ビーチクリーン-2019年10月6日(日)

北九州市が企画した「うみたび体験バスツアー 『自然海岸を美しくしよう』」という市民向け体験プログラムのひとつとして、2019年10月6日(日)に同市、岩屋海岸でビーチクリーン体験が実施され、一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会の「ビーチクリーンロボット」もこれに参加し、子供たち、市民とともに海岸清掃に取り組みました。 

当日は北九州市の市民団体「われら海岸探偵団」のみなさんと一緒に清掃活動を行いました。子供たちが楽しそうにロボットの操作をする様子が見られました。

石垣島★海岸清掃2019年8月…の結果発表

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会では2019年8月1日~31日の期間、沖縄県の石垣島・真栄里ビーチで海岸清掃を行い、毎日そのレポートを記事として掲載していました。このビーチクリーンで集めたゴミの仕分けをしたので、その内訳を記します。

ペットボトル…107本!

ペットボトルは「ビーチで観光客が捨てて行ったもの」と「海から運ばれてきたもの」がありました。観光客が捨てて行った「飲みたて・捨てたて」のボトルはラベルも新しく、当然ながら日本の製品ばかりでした。「海からのペットボトル」は外国語のラベルがついていたり、ボロボロになっていたり、ラベルがはがれてボトルだけになっていました。形もバリエーションに富んでいて見ていると不思議な楽しい気持ちになったりもしたのですが、中によくわからない液体が入っていたり、何といっても量が多いため、海岸のやっかいなゴミの代表格だと思いました。ボトルに貝が付着しているものも多かったです。ペットボトルがどこから来ているのかの国別の内訳を調べると面白く、データとしても意味があるように思うのでやってみようと思います。
あと、気付いたのは、漂着しているペットボトルはどれも「フタが閉められているもの」なんですね。フタが開いていたものは海の底にたくさん沈んでいるのかもしれません。

発泡スチロール…1.4㎏

発泡スチロール自体が軽いので「重さ」で表すと大したことがないように見えるかもしれませんが、容積はなかなかのものです。毎日の海ゴミ拾いでは、粒レベルの小さなものから大きなカタマリまでかなり気にして拾っていました。拾っても拾っても毎日出現するのがとても不思議でした。海ゴミの中では存在感のあるものだと思います。表面に貝や海藻が付着して流れてきていたものもあり、こうして生物が運ばれるのだろう、と思いました。

いわゆる燃えるゴミ…1.3㎏

紙パック、紙容器、ティッシュ、汗拭きシートのような丈夫なもの、花火の容器や持ち手、布、タバコの箱や吸い殻…などがありました。漂着したものは少なく、ほとんどは陸側で観光客が捨てていったものだと思います。タバコは喫煙所周辺以外のものだけを拾いました。

プラスチック袋…1.1㎏

これは陸側のゴミ・海からのゴミの両方がありました。袋はカメさんがクラゲと間違えて食べてしまう、などと聞いているので、何としても拾わなくてはと思いました。物の性質上、海で浮きやすい、運ばれやすい感じがするのと、陸に着いたあとも風に飛ばされやすく、ビーチのあちこちに散らばっていました。これも重さにするとたいしたことがないのですが、フワフワと膨らんでなかなかの量になっていました。
紫外線でボロボロと分解しているものは崩れて集めづらく感じました。よく、環境に配慮している感じで「自然界で分解します」と言っている素材がありますが、集めるという観点では分解などせずガッチリ存在していてもらいたかったです。

レジャー用品など…2.9㎏

毎日集めていてちょっとおもしろく感じていたのはレジャー用品のゴミです。新しいものは忘れ物だと思い、数日様子を見てから拾っていました。履物…サンダル、島ぞうり、マリンシューズ…片方だったり、両方だったり…いろいろありました。ゴーグルの忘れ物も多かったです。櫛やヘアゴムもありました。子供の砂遊び用のおもちゃがかなり多かったです。水鉄砲や手りゅう弾型のおもちゃもありました。レジャーシート用のペグも目立ちました。ホテルのカードキーを拾ったこともあり、フロントまで届けたりもしていました。

集めやすかったものはよかったのですが…
これは、回収しきれませんでした。

ロープ・ヒモ…1.7㎏

海の生物や浜辺の鳥に絡まったらかわいそうだと思い、気を付けて集めていました。長いもの、短いもの、細いもの、太いものといろいろありました。材質もさまざまでした。電気配線のコードなどもありました。
今回自分が非力なため回収しきれなかった「大きな綱」が結構あったので、それが心残りです。大きなゴミに関しては、大人数で取り組むビーチクリーンイベントか、ビーチ管理者、自治体の力が必要と思います。

プラスチックゴミ…4.7㎏

海ゴミの中でやっぱり目立つのはプラスチックのゴミでした。こちらは形を残しているボトルや大きな板状などのもの、指でつまめるサイズのものです。これらが紫外線で劣化してバキバキと割れて細かくなっていくのでしょう。

細かいプラスチック片・マイクロプラスチック…?

今はやりのマイクロプラスチックは直径1mm以下のものとも、5mmメートル以下のものとも言われていますが、筆者は物理学科出身なので「マイクロ」なのに5mmなどと言われると意味がわからなすぎて気絶しそうになります。(1μm=0.001mmです)
何にしても細かいプラスチックの粒のことですが、細かく、細かくなっていったとき、とにかく拾いづらいです。青や緑のものはわかりやすくてよいのですが、白や透明になるとお手上げです。マイクロプラスチックは海の生物が食べてしまうと言われていて気になる問題です。

ライター…14個

たくさん流れ着いていました。韓国語のお店の地図や店名が書かれているものもあったので、遠くから流れてくるんだなと思いました。海にあると危険なゴミのひとつだと思います。

ストロー…27個

ストローは案外形をとどめているものが多いと感じました。プラスチックゴミを減らそう!というときに槍玉にあがりやすいのは「形をとどめているから」「ストローとわかりやすいから」ではないかと思うのですが、どうでしょうか。代替品として紙ストローを使うとよい、などともいわれていますが、この写真左端の黒い2本は紙ストローで、このように漂着するのでは、プラスチックのストローと何ら変わりがないと思うのです。漂着しなかった紙ストローはもしかしたら海で分解して海を汚しているだけかもしれません。

缶…4個、瓶…3個、その他容器…7個

意外と漂着していなかったのが缶です。口が開いているので流れ着かずに沈んでいるものが多いんじゃないかと思いました。瓶も同様です。その他は日焼け止めとか薬の容器なのかなと思いました。

これ…気に入ってたんですけど? 台風で紛失しました。

浮き・フロート…27個

これは見つけると何となくうれしかったです。もう1個、大きくてカッコイイのがあったのですが中の水を抜いて干していたら台風の日に飛ばされました。ガッカリです。
ビーチクリーン期間中全体を通して見ると、特に台風のあとにたくさん漂着するようになりました。浮くようにできているだけあってよく浮くし、ヒモでつないでなければよく流れそうです。

その他いろいろ

どこまでをゴミとして考えるかですが…今回のビーチクリーンでは大物の木材やドッサリ積もった海藻は回収対象にしませんでした。拾えるような木片は意外と少なく、この数個だけでした。木の実、鳥の羽、イカの骨などは拾っていましたが、これはゴミというより集めるのが楽しい物だったと思います。イカ釣り用の餌木、何かの部品?も見つけました。

厄介だと感じた海ゴミ…シリカゲルの粒

実際に拾ったのは2回だけだったのですが袋が破れてこぼれたシリカゲルの粒は、砂浜に広がると、まず拾えないと感じました。食品かレジャー用品の袋に入っていたものだと思うのですが…?

厄介だと感じた海ゴミその2…ガラスの破片

海で割られたもの、漂着したもの、どちらもあったのですが、ガラスの破片がかなり多くて驚きました。波打ち際にあったら踏んでしまうでしょう。ビーチは裸足で遊ぶものと思っていたのでちょっとショックでした。

がんばって細かい破片まで拾いました。
これは回収しきれませんでした。

危険なゴミ

蛍光灯、ガスボンベ、医療用廃棄物などは危険なゴミです。回収できたらと思いますが拾う側が危ない思いをするような海岸清掃は、やったらダメだなと思います。ありがちなのが「謎の液体が入っている瓶」で、ビーチクリーンイベントでボランティアの人が開けて中身を捨てようとしますが、何が入っているかわからないものは開けてはダメだし、拾うのもどうかなあと思います。危険なゴミに関しては個人では難しく、自治体の対応をお願いしたいと思いました。

一番おもしろかったゴミは?

今回のビーチクリーンでは、極端におもしろいゴミを見つけることはありませんでした。シュノーケリングをしていた観光客の方から「海中にベビーカーが沈んでいた」という話は聞きましたが…?
ゴミ拾いだけをしているとつらい気分になりそうでしたが、記事を読んでくださる方に見せたいと思い、ガラス片を集めながらきれいな貝や木の実も拾っていたので、楽しい気分でビーチクリーンに取り組むことができました。

ビーチクリーン終了後、防波堤の向こう側を見たら、大量のゴミがありました。拾わないでいるとこうなります。

まとめ

真栄里ビーチは石垣島の南端、太平洋側に位置しているため、地理的な印象としては大陸側からの漂着物があまり多くなさそうな感じがしていました。観光用のビーチのためハブクラゲ対策ネットも張ってあるので、そこでゴミもせき止められているかもしれません。そのためか、1か月のビーチクリーンで収穫した総量は、実際にはそんなに多くなかったように思います。しかし、そのおかげで、今回の調査のように、内容を詳しく見てみることができました。

ある1日だけ集中して実施するビーチクリーンイベントとは違って、今回は、同じ場所を毎日清掃するという形をとりました。それでわかったことは、ゴミは毎日流れてくるということでした。「昨日きれいにしたのに今日もゴミが来ている」という感じでした。どうせ汚れるから拾っても無駄じゃない?と思うかもしれません。でも海のゴミは人が片付けないと、どんどん溜まっていきます。

海のゴミを完璧に片付けることはできないので、「できる範囲でやる」のが大事かなと感じました。海岸は長いし、ゴミは無限にやってくるので、すべての海を救うことはできません。でも、海岸がこういうふうに汚れていることを知って、ゴミを拾ってみようかなと思う人が増えたらいいかな?とは思いました。こうして記事を読んでくださる方が海のゴミ拾いに興味を持ってくれたらと願っています。

ビーチクリーン実施・記事制作 はやのん理系漫画制作室